健康お越しがこわい~

それぞれは多汗症なのだろうかとずっと考えています。
もともと汗っかきではあるのですが、特にワキ汗はすごいです。
暑い期間だけではなく、圧力したり汗をかいちゃ厳禁というと途端にワキ汗がブワッと噴き出してきます。
もちろん誰しも多少なりとも汗はかくと思いますが、こちらはかさがでまかせありません。
金字塔困ったのは体診断のときでした。
医院で診断着に着替えるのですが、それは何故だ?
診断着に着替えた途端ずっとワキ汗が出めくりです。
ウェイティングルームなどでは他の方に見えないみたいハンカチで何度もワキ汗を拭ってしまいます。
お医者さんやナースちゃんの手段が、直に傍ら周辺の素肌に触れる時は「大変!」として余計に汗が噴き出してきます。もはや気づかれないことを祈るのに全力です。

でも遂にその時がきました。それはマンモグラフィの診断の時…
私のない胸を精一杯かき集めて診断テーブルに挟もうとしてくれた女医ちゃんの手段が、思いっきりワキに触ってしまいました。
診断の痛苦やら、母乳の小ささが恥ずかしいやらで、既に私のワキは泉と化してました。
そこに教官の手段が…
もちろん教官は名手です。何事もなかったかのようにスルーしてくれましたが、もうこちらは教官の面持ちを見ることもできず、ただただ診断が早く終わることを狙うばかりでした…。

そうしてすべての診断を終え衣裳を着替えて帰り、あれだけ汗で濡れていたワキは嘘のように乾いていました…あぁ自分の人体なのに制圧ができない…診断結局よりワキ汗の方が気になって貧弱ワンデイでした。カードローンおすすめランキング【即日融資・低金利・他社借換OK】